明成物流が他の物流会社と違う点を無理矢理探して考えてみた

明成物流が他の物流会社と違う点を無理矢理探して考えてみた

明成物流は平成7年に創業した企業で、一般貨物自動車運送業や産業廃棄物収集運搬、倉庫業などを主な事業として行っています。ここでは、明成物流がほかの物流会社と違う部分を無理やり探してみたのでご紹介しましょう。

リサイクルや輸送に対する自信

明成物流では「大切な商品の輸送やリサイクルは任せてください」という強い自信を公式ホームページ上で伝えています。リサイクルや輸送にかけては絶対にどこにも負けないという強い気持ちが伝わってきますし、よその会社に負けるはずがないという誇りやプライドも感じます。

また、同社の場合は「リサイクルや輸送は任せてください」というのを会社の運営方針としていますし、期待に応えるだけの力を持っていると自負しています。同業他社には絶対に負けないという強い気持ちとプライドがありますし、だからこそ多くのクライアントから支持されているのではないでしょうか。強い気持ちと自信を持って事業を行っていることが他社とは異なる部分です。

多種多様な車輛の用意

明成物流ではさまざまなクライアントからいろいろな商品を委託されて運搬しています。クライアント企業からすると大切な商品ですし、運送中に不具合を起こすようなことがあってはいけません。同社では、多種多様な車輛を用意していますからあらゆる商品に対応できるという強みがあります。

デリケートな輸送が求められる工業製品や機密文書を運ぶための専用車両を用意していますし、運搬する商品によって車両を使い分けるほどの念の入れようです。ここまでしている企業というのは恐らく少ないのではないでしょうか。

それもこれもクライアントの期待に応えるためですし、預かった大切な荷物を無事に目的地に届けたいという想いがあるからです。幅広いニーズに対応できるだけの豊富な種類の車輛を揃えているというのは同社の自慢であり他社と異なる部分でしょう。

アルコールチェッカーの導入

ドライバーの飲酒運転は違法ですし、飲酒運転による交通事故が悲惨な結果を迎えることは多々あります。自動車が破損するだけならまだしも、ドライバーはもちろん通行人にケガをさせてしまうこともありますし、飲酒運転は絶対にしてはいけません。

運送を事業とする企業でもドライバーの飲酒運転には目を光らせていますが、明成物流でもすべてのドライバーに対してアルコールチェックを行っています。同社の場合は固定型と持ち出し型のアルコールチェッカーをいち早く導入しましたし、運送業として社会的責任である安全運転の遂行に努めています。これも他社ではあまり見られない取り組みですしよそとは異なるところでしょう。

デジタルタコグラフの導入

運送業をビジネスとする企業の多くがトラックや輸送車にタコグラフを設置しています。タコグラフにはいつどれくらいのスピードで走行したかといった情報が記録されますし、ドライバーの安全運転意識を高めるのにも一役買っています。

従来のタコグラフはアナログタイプのものがほとんどでしたし、アナログならではの欠点もありました。そこで、明成物流では他社に先駆けてデジタルタコグラフの導入を決定しましたし、早くから安全運転への意識を高める努力をしてきたのです。

他社とはあらゆる部分で違う

明成物流とよその物流会社でいったいどのような違いがあるのかといったことについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。実際にはほかにもたくさんの部分で違いが確認できますが、特に顕著だったのはここでご紹介したことです。

デジタルタコグラフやアルコールチェッカーの導入にはそれなりの費用もかかっていますが、同社はそれよりも安全運転の大切さを認識して導入しました。こうした行動力も見習うべき点と言えるでしょう。