明成物流と永田耕太郎社長ってどんな関係?

明成物流と永田耕太郎社長ってどんな関係?

明成物流は平成7年に創業以来破竹の勢いで勢力を伸ばしてきました。20年に渡って物流の最前線で活躍してきた企業の一つですし、現在では本格的な倉庫業も営むようになりました。同社がここまで成長できたのはなぜでしょうか?見ていきましょう。

明成物流とはどんな会社

物流業界がここ近年バタバタしているようですが、それだけ物流業界に活気が溢れているということなのでしょう。インターネット通販を利用する方が増加し、今後もますますネット通販利用者は増えていくでしょうから今後はさらに物流業界が忙しくなるかもしれませんね。ネット通販会社のニーズに応える必要があるのはもちろん、ネット通販利用者のニーズにも同時に応える必要があるため物流関連企業には高いレベルでのサービスを求めることになりますが、ここでそれに応えることができない企業は淘汰されていくのでしょう。

さて、明成物流ですが同社は多彩なニーズに応えている物流企業の一つです。大切な商品の輸送・リサイクルはお任せくださいを方針として、お客様から預かった大切な荷物を安全に目的地までお届けすることを最大の目標としています。さまざまなタイプの車輛を用意し、あらゆる荷物の輸送に対応していることから各方面から注目されている企業です。

多彩なニーズに柔軟に対応

が考えられますが、一つにはあらゆるニーズに柔軟に対応できる体制が整っていたことが挙げられます。先ほども少しお伝えしたように、同社ではさまざまなタイプの車輛を用意していますし、工業製品から飲料、機密文書、産廃など多彩な荷物の輸送に応じています。

一般的な物流企業、運送会社では断られてしまうようなものでも可能な限り相談に乗るようにしていますし、他社が諦めたロジスティクスに関してもできるだけ要望に応えられるよう努力しているのです。顧客のニーズに対して柔軟な対応が可能というのが同社の魅力であり強みと言えるでしょう。

永田耕太郎とは

タイトルにある永田耕太郎とはどのような人なのか、気になった方もおられるでしょう。永田耕太郎は明成物流の代表取締役、つまり社長です。同社の最高権力者であり、明成物流をここまで大きな会社に育てた人物と言っても過言ではありません。巨大な勢力が数多く跋扈する物流業界において存在感を示すというのは並大抵のことではありませんが、永田耕太郎氏の手腕によって同社はめきめきと頭角を現すことになりました。

その手腕については同業他社からも高く評価されていますし、彼のお陰で今の同社があると言っても決して過言ではないでしょう。環境への配慮を常に唱えてきた人物でもあり、そうした一面も評価されるようになった理由の一つかもしれませんね。

同社の発展のカギを握る人物でもありますし、今後も彼のもと同社はさらなる発展を遂げていくのではないでしょうか。移り変わりの激しい物流業界で今後どのようなビジネスモデルを組み立てていくのか楽しみでもあります。

永田耕太郎の人物像

明成物流の代表取締役社長である永田耕太郎氏ですが、私がリサーチした限りではその人物像を掴むことはできませんでした。インターネットで主にリサーチしたのですが、彼の情報はほとんど見つかりません。年齢についてもいま一つ分かりませんし、公式ホームページにも詳しいことは記載されていませんからほとんど彼については分からないのが現状です。

ただ、先ほどもお話したようにたった一代で同社をここまで大きな企業へと成長させた方ですから、それなりの人格と経営手腕を持っているのは明らかでしょう。彼は環境に関する発言もいろいろとしていたようですし、環境保護のための取り組みもしていたという話がありますから人格者であることを裏付けています。

また、一代でここまで大きな企業へと成長させるためには部下たちの士気が高くなくては到底無理です。求心力のない社長についていこうとする従業員はいないでしょうし、やはり彼は人格者だと言えるのではないでしょうか。

挨拶文に誠実さがにじみ出る

永田耕太郎氏についての情報はあまり見つけることができませんでしたし、公式ホームページにも彼の年齢や来歴などは記載されていないためほとんど何も知ることができませんでした。

しかし、公式ホームページの会社情報のページには永田耕太郎氏のあいさつ文が記載されています。挨拶文の中で彼は社会的責任である安全運転の遂行に努めているということを記述しています。そのためにデジタルタコグラフやアルコールチェッカーの導入をしていますし、彼が社会的責任を果たすのが企業としての務めであることを強く意識していることが理解できます。

また、他社が諦めたロジスティクスに関しても気軽に声をかけてほしいと言っていますし、そこからは誠実さと人柄の良さもにじみ出ています。たった一代で明成物流を大きな企業へと発展させた彼の力で今後も同社はさらなる発展を遂げていくことが予想できます。