明成物流の従業員数は業界的に多い?少ない?

明成物流の従業員数は業界的に多い?少ない?

明成物流という企業の名称を聴いてもピンと来ない方がほとんどではないでしょうか。同社は平成7年に創業した企業で、20年以上に渡ってこの世界で活躍してきた企業の一つです。今後の活躍にも期待できる明成物流について、詳しく解説します。

明成物流の特徴

一般貨物自動車運送業や産業廃棄物収集運搬、倉庫業などを主な事業として展開しており、プラスチック成型材料製造といった分野のビジネスも行っていることが特徴と言えるでしょう。

お客様から預かった大切な荷物を大切に輸送する、というモットーを掲げており、丁寧かつスピーディなサービスが同社の発展を支えてきました。現在では商圏をかなり拡大しており、九州から青森まで営業エリアを広げています。決して大企業とは言えない同社がここまで商圏を広げることができたのはやはりサービス品質の高さが理由でしょうし、あらゆるニーズに対応できる力を有していたことも同社発展の理由と言えるでしょう。

安全運転への意識がどこよりも高く、さまざまな安全に関する取り組みを行っているのも同社の特徴です。

物流業界で働く人々

今現在、日本国内にどれくらいの数の物流関連企業があるのか想像もつきません。物流と一口に行っても輸送だけを行う会社もあれば、倉庫業を営んでいるのも物流関連会社となります。それぞれの企業によって事業領域も異なりますし、さまざまな規模の企業が存在しますからすべての会社となると想像もつかないほどの数の会社が存在するはずです。

大手の物流企業だと全国に拠点を構えているでしょうし、何千人規模の従業員を抱えているところもあるでしょうが、逆に2~3人で営業しているような企業もあります。物流業界全体で考えるとかなりの数の人間がこの世界で活躍していることになりますが、どれくらいの人が働いているかを正確に把握するのは難しいことですね。

物流の世界で働く人がいるからこそ我々の生活が快適で豊かになっているのは事実ですし、一定の水準の従事者数はキープしていると考えられます。

業界的に多いか少ないか

明成物流に関心を持っている方の中には、同社で働いてみたいと考えている方もおられるでしょう。同社で働きたいと考えている方もいれば、サービスを利用してみたいと考えている方もおられるかもしれませんが、気になるのは同社の従業員数が業界的に多いか少ないかという部分ではないでしょうか。

それを知ったところでどうこうなるわけではないと思いますが、個人的にリサーチしてみました。調べてみたところ、同社で働く従業員数は明らかにされていません。公式ホームページにも目を通してみましたが、会社情報にも従業員数については記載がありませんでした。

そのため、同社で働く従業員の数が業界的に多いか少ないかというのははっきりと分かりません。もちろん、公式ホームページ以外の情報もリサーチしてみたのですが、どれくらいの従業員数で会社運営がなされているかについて明記するものはありませんでした。

それなりの規模であるはず

ここからは正確な情報ではなく、あくまで個人的な推察を交えてお話させていただきます。まず、明成物流は平成7年に創業して以来着実に発展を遂げてきた企業です。

移り変わりの激しい物流業界において長年活躍してきた企業ですし、商圏を九州エリアから東北エリアまで広げるというのも並大抵の努力では成し遂げられることではありません。そのため、一定の従業員数は確保していると考えるのが普通ではないでしょうか。それがどれくらいなのかはここで断言することはできませんが、広大な範囲の商圏をカバーできるだけの従業員数は確保していると考えるべきでしょう。また、従業員数そのものは少なくても協力企業が多いのかもしれませんし、間接的に関わっている企業や人が多いのかもしれません。

いずれにせよ、創業以来着実な成長を見せてきた企業ですし、これだけの発展を実現するにはそれなりの数の人材が必要になるはずです。そう考えると一定数の従業員は抱えていると考えるべきでしょう。

少数精鋭の可能性もある

明成物流の従業員数は先ほどもお話したようにはっきりと分かりませんでした。公式ホームページに情報が載っていない以上それ以上調べるのは難しいですし、ネット上に転がっている情報もどれが真実でどれが嘘なのかも分かりません。

ただ、先ほども言ったように高品質なサービスを武器に次々と商圏を拡大させてきた手腕には定評がありますし、それなりの数の力がないことには実現し難いことです。業界全体で考えるとそこまで多い従業員数ではないかもしれませんが、一定数の従業員を抱えていることは間違いないでしょう。

また、仮に少人数で運営しているとなるとこれはこれで素晴らしいことではないでしょうか。いわゆる少数精鋭で経営している会社ということです。少数にも関わらず最高品質のサービスをスピーディに提供できるということはそれだけ会社の体制がしっかりしているということですし、一人一人の意識が高いということです。