明成物流と永田紙業ってどんな関係?

明成物流と永田紙業ってどんな関係?

永田紙業が創業したのが1959年です。埼玉県大里郡川本町に製紙原料の故紙取扱い商社としてスタートしました。それから現在に至るまで、北越製紙や信栄製紙、レンゴー株式会社、王子製紙株式会社など大手の企業との取引を始め、次々と事業所も増やしていっています。事業所の数は10箇所にものぼり、現在ではダンボールや新聞、雑誌などの回収、機密書類の引き取り・シュレッダー代行処理、トイレットペーパーなどの企画制作、梱包資材やPPC用紙の販売のほか、産業廃棄物、一般廃棄物の収集・運搬などの事業を展開しています。永田紙業は総合的なリサイクルビジネスを展開し、高度循環型社会の実現を目指している会社なのです。歴史を持ち、これまで成長を続けてきた永田紙業には、明成物流株式会社、物流機器レンタル株式会社、NR株式会社があります。

永田紙業のグループの一員

明成物流は永田紙業のグループ会社の一員として活躍している企業です。明成物流は運送業を主軸に行っている会社で、西は九州圏、北は青森地区までを網羅し、お客様の要望に対応しています。こちらの企業では、飲料や工業製品、機密文書類、産業廃棄物や一般廃棄物など、デリケートな輸送品質を必要とされるものも安全に、効率的に運送します。

多種多様なものを運搬するために、さまざまな車輛を多数用意し対応しています。数多くの依頼を受け、それを安全に確実にこなせるよう、ドライバー一人ひとりの安全意識を高めるための指導を実施し、お客様の信頼を失わないようにしています。運送業としての社会的責任である安全運転の遂行を実践しています。

運搬の要を担う

明成物流の主な仕事は運搬業です。永田紙業にとっては、運搬は事業において重要な仕事です。お客様からのさまざまなニーズに対応するために、あらゆるタイプの車輛を取り揃えています。

トラクターヘッド(セミトレーラー牽引車両)、アームロールセミトレーラー牽引ができるトラクターヘッド、25トンのセミトレーラーウイング車(Wオープン)、20トンのセミトレーラーウイング車、大型フルトレーラーアームロール車もあります。15トンの大型アームロール車、15トンの大型ウイング車、さらに、大型平ボディー車、大型パッカー車、ユニック車、機密文書出張破砕車、リンボーバン車、ダンプ車、ハイブリッド車2トンバン車、ハイブリッド2トンリンボーバン車など、合計222台もの車輛を用意しています。

人と環境にやさしい運転

また、安全運転と環境にやさしい運転をしています。そのために、エコドライブマニュアルの作成・配布、エコドライブに関する教育・訓練の実施、空ぶかし、急発進・急加速運転などの削減などエコドライブの実施、アイドリング・ストップの徹底、デジタル式運行記録計などの活用、などを実践しています。

さらに、日常の車輛点検で安全性を高めています。車輛の点検はドライバーの命にもかかわる重要なことです。日常点検・整備マニュアルの作成・配布、日常点検・整備に関する教育・訓練の実施、日々の始業点検・定期点検の完全実施、エアークリーナーの定期的な点検、運転日報の作成などを行い、安全運転に努めています。

総合ロジスティック企業を目指す明成物流

明成物流の主軸の事業は運送業ですが、さらに倉庫業をスタートさせています。あらゆるものを保管する倉庫を持ち管理することで、総合ロジスティック企業へと成長していくために着実に準備を整えているようです。

2つの会社に共通する理念

2つの会社にはグループ会社として同じ理念があります。それはお客様に対して信頼を得ることです。信頼を得るためには、お客様の要望にできる限り対応することが必要です。そのために一つのことではなく、総合的なリサイクルビジネスを行うことであり、さまざまなニーズに対応できる設備や環境を整えることです。

また、明成物流では安全に対する取り組みを認められ、Gマークの認定を取得しています。Gマークは社団法人日本トラック協会が、貨物自動車運送事業安全性評価事業において、事業者全体の安全性の向上に対する意識、環境整備などを正当に評価し認定し、公表するものです。基準をクリアしなければ認定されないもので、平成28年12月15日現在、安全性優良事業所は前事業所数の27.8%。こちらの企業はその中に含まれているのです。安全性において十分な配慮をしていることで、信頼を得ているようです。

さらに、ISO14001の認証を取得しています。ISO14001とは、環境に関する国際的な標準規格で、環境保全の取り組みにも力を入れ、廃棄物から原材料へ、完全循環型社会の実現に向けて、地球環境の改善、資源の保全、環境汚染の防止、地球環境への寄付などを目指し、廃棄物の収集・運搬、中間処理事業などにおいて、スタッフ全員が自覚し、意識して仕事に取り組んでいる企業であることを認められている、ということです。このように、お客様からの信頼を得るためにも、公の機関から認められていることも大事なことです。