明成物流がPマークを取得している理由を見解

明成物流がPマークを取得している理由を見解

あらゆるニーズに対応できる総合ロジスティクス企業を目指している明成物流ですが、同社ではプライバシーマーク、いわゆるPマークを取得しています。ここではどうして同社がPマークを取得しているのかということについて個人的な見解を述べていきたいと思います。

総合ロジスティクスの明成物流

明成物流は大切な商品の輸送・リサイクルはお任せくださいをモットーとする物流企業です。市場規模の大きな物流業界において順調に業績を伸ばしている企業の一つで、業界内外から注目を集めている企業でもあります。過去にはメディアで取り上げられたこともありますし、20年以上に渡って物流業界で蓄積してきた豊富な経験とノウハウを武器にきめ細かくスピーディな物流サービスを提供していることが特徴と言えるでしょう。クライアントの求めに応じて多彩なニーズに応えられる体制を整えていますし、柔軟で臨機応変な対応を心がけていることも同社の特徴ではないでしょうか。

Pマークの概要について

Pマークとはプライバシーマークのことを指していますが、明成物流ではこのプライバシーマークを取得しています。そもそもプライバシーマークって何?という方もおられるでしょうからここで概要をご紹介しますが、プライバシーマークとは個人情報を適切に取り扱っていると判断した業者にのみ付与されるマークで、一定の審査基準を満たしている業者にのみ使用が許可されます。

つまり、プライバシーマークを使いたいからといって誰もが簡単に使えるマークではないということです。プライバシーマークの使用を許可された業者はホームページや名刺、ポスターといった販促物にプライバシーマークを使うことができますし、個人情報の扱いが適切な企業であることを対外的にアピールすることが可能になります。現在では同社以外にもさまざまな企業がプライバシーマークを利用していますし、誰もが名前を知る大企業もPマークを使っているのです。

消費者に対して誠実でいたい

プライバシーマークについてはある程度理解できたと思いますが、どうして明成物流がこのプライバシーマークを取得したのかは気になるところではないでしょうか。そこまで個人情報をたくさん取り扱うような企業ではないはずですし、物流企業が利用するような制度ではないのではないかと思った方もいるでしょう。

しかし、同社でも個人情報の取扱いはしていますし、クライアントがいて成り立つ仕事ですから当然最低限の個人情報の取扱いはしています。同社がプライバシーマークを取得した理由の見解ですが、やはり消費者に対して誠実でいたいという気持ちの表れではないでしょうか。

同社は創業以来誠実で真摯な気持ちでビジネスを行ってきましたし、それは今でも変わらないはずです。クライアントに対して、今後同社を利用するかもしれない方々に対して誠実であることを知ってほしいがためにプライバシーマークの認可を受けたのではないでしょうか。

個人情報の重要性を理解

個人情報は言うまでもなく個人についての情報ですし、それが外部に漏れるというのは大変なことです。個人情報の漏洩がテレビのニュースなどで取り上げられることがありますが、もし自分の個人情報がよそに漏れてしまったとなると慌ててしまいますよね。現

在では多くの企業が個人情報の取扱いには細心の注意を払っていますが、未だに昔のような感覚で個人情報を軽視しているような企業もあります。インターネットが普及した現代では個人情報がオンラインで漏れてしまうと冗談では済まなくなります。自分の情報を日本中、世界中の人が見ることができるわけですし、それを悪用される可能性もあるわけです。

明成物流では個人情報の重要性を理解しているからこそしっかりとした保護措置対策を整え、その上でプライバシーマークを取得したのではないでしょうか。個人情報の大切さ、重要さを熟知しているからこその行為と言えます。

すべてはクライアントのため

明成物流はクライアントのことを第一に考えていますし、個人情報の保護はクライアントを守るために当然のことだと考えているのではないでしょうか。もちろん、直接同社に問い合わせて質問したわけではありませんしあくまで一個人としての見解ですが、そう考えているからこそ個人情報の取扱いに慎重な姿勢を見せているのだと考えられます。

個人情報が漏洩してしまうとクライアントにも迷惑をかけてしまいますし、企業としての信頼も失ってしまいます。企業としての信頼を失うのはまだしも、クライアントに迷惑をかけることだけは避けたいという気持ちがあるからこそ個人情報には神経質になっているのだと考えられます。すべてはクライアントのため、ということですね。

同社が多彩なニーズに応えたサービスの提供をしているのもクライアントのためですし、プライバシーマークの取得はその延長と考えると理解しやすいかもしれませんね。