明成物流の永田耕太郎氏について調べたから紹介します!

明成物流の永田耕太郎氏について調べたから紹介します!

明成物流株式会社は平成7年7月27日に創業した会社です。一般貨物自動車運動業、貨物軽車輛等運送業及び貨物運送取扱い業のほか、産業廃棄物収集運搬を中心に行っています。社長の永田耕太郎氏は、永田紙業の社長でもあります。いったいどんな人物なのか、ご紹介いたしましょう。

明成物流の社長「永田耕太郎」プロフィール

明成物流の社長は永田耕太郎氏です。永田氏は1964年の12月4日に生まれました。会社が設立したと同時に代表取締役社長に就任し、現在も会社のトップの座にいます。また、2010年からは永田紙業株式会社の常務取締役、そして経営企画室の室長を務めていた経験があります。同年の7月には、物流機器レンタル株式会社を立ち上げて、代表取締役に就任しています。それから2年後の2012年には、永田紙業の代表取締役になっています。そして、翌年には常務取締役常務執行役員就任、さらに2年後には専務取締役専務執行役員と、常にグループに貢献してきた人物といえるでしょう。

明成物流の役割

明成物流のグループ企業である永田紙業は古紙の収集のほか、リサイクル製品を企画から制作したり、産業廃棄物を含む廃棄物の運搬、さらには機密書類の処分など、リサイクルにまつわるビジネスを総合的に行っている企業です。明成物流はグループ会社の一つで、重要な役割を担っています。

それが運搬業です。古紙だけではなく、さまざまなものを収集・運搬する事業は重要だと考えた永田耕太郎氏は、グループ会社として物流専門の会社を設立し、運搬業に力を入れています。事業の拡大を目指すには、お客様の要望に応えることが大事です。お客様のお要望はさまざまです。できる限りさまざまな要望に対応できるよう、環境を整備してきました。明成物流にはそれに対応できるだけの環境があります。重要な車輛はさまざまなタイプを用意しています。

少しでも、どのような要望にもできるだけ応えたい、という社長の思いが強いことで、このような環境が作られていると考えられます。

安全性を重んじる永田耕太郎氏

お客様の要望に少しでも対応できる会社にしたい、という思いだけではなく、永田氏にはスタッフを大事にしたいという思いもあります。Gマークを取得しているのはその表れです。

Gマークを取得しているということは、運送業を営む事業者としてその安全性が認められているということです。取得には、スタッフと大切な貨物を守るために交通安全を心がけ、そのための取り組みを行っているかどうかが評価されます。認定を行っているのは社団法人の日本トラック協会で、認定には厳しい基準が設けられています。実際、すべての事業所のうち、4~5件に1件しか取得できていません。そんなGマークを明成物流が取得していることからも、普段から安全に気をつかって業務にあたっていることがわかります。

安全性に対する取り組み

永田耕太郎氏を中心に、デジタルタコグラフを導入する、固定タイプと持ち出しタイプ両方のアルコールチェッカーを導入するなど、安全には高い意識で取り組んでいます。こうした真摯な取り組みが、お客さまからの信頼を獲得する結果になっているのでしょう。

また、こちらの会社は、ISO14001の認証も得ています。事業所単位ではなく、グループ企業としてではありますが、こちらは国際的な規格です。廃棄物をまた減zな医療として再利用する循環型社会を理想として掲げ、スタッフが一丸となって業務にあたっています。そういった風土を作っているのも、永田耕太郎氏の意識が高いせいでしょう。

広い視野を持つ人材を集めたいという永田耕太郎氏の思い

会社が安定し、成長していくためにはどういった事業をどのように展開していくか?ということをしっかり考えて戦略を建てなければなりません。会社が安定しているのは、永田耕太郎氏のお客様のニーズに少しでも多く対応したいという思いがあるからでしょう。それを考えていくうちに、幅広い事業の展開につながります。さまざまな車輛を用意しているのも、あらゆるものを安全に効率的に運搬するためです。

そういった思いは社長だけが持っていてもできるものではありません。いろいろなスタッフの意見があり、それを活用することで成功につながるものです。そのためには、視野を広く持つことが大事です。企業が求めているのは広い視野を持っている人、またいろいろな知識をもちたい、という好奇心旺盛の人です。そういった人材を集め、柔軟な企業を作りたいと考えていると思われます。

また、いくら視野が広く、いろいろなアイデアや企画を持っていたとしても、それが活用されなければ意味がありません。特に老舗と言われる会社では、新人や女性の意見は聞いてもらえなかったりすることもあります。しかし柔軟性のあるこちらの会社では、そのようなことはないのでしょう。自分の意見をもち、主張できる環境があるからこそ、スタッフがやりがいをもって働き続け、それが業績につながっていると考えられます。

1 個のコメント

  • コメントを残す